一般葬

ここでは仏式をはじめとする伝統的な葬儀を「一般葬」と定義します。
昔は伝統的な葬儀で故人を送ることが圧倒的に多かったのですが、近年は家族葬直葬が選ばれるケースも増えたため、葬儀社によっては地域ごとの標準的な葬儀を「一般葬」と呼んでいます。

家族葬直葬と異なり、身内だけではなく、友人や知人、仕事の関係者、近所に住む人など、参列者が比較的広い範囲にわたります。都市部では一般葬が減少傾向にありますが、地域社会の繋がりが強い地方では、まだまだ伝統的な葬儀が多数を占めます。

一口に一般葬といっても、普遍的な葬儀の形があるわけではなく、宗教や宗派、地域のならわしによって、さまざまな違いがあります。基本的には、通夜と葬儀・告別式が2日間にわたって行われる場合が多いでしょう。地域に根ざした葬儀社を選び、宗教や宗派を伝えれば、滞りなく準備をしてくれるはずです。

一般葬の不安があれば、まずはご相談ください
  • お急ぎの方、心配が多い方は
    まずお電話でご相談ください

    24時間365日受付中 0120-582-388

  • まずはメールで相談したい方は
    ご相談窓口よりご連絡ください

    24時間365日受付中 メール相談窓口