直葬

葬儀や告別式をおこなわず、火葬場に直行することを直葬といいます。
東京では全体の3割程度が直葬といわれており、特に都市部で増加傾向にあります。

直葬は基本的に「火葬のみ」の対応になりますが、出棺時や火葬の前に、僧侶がお経をあげてくれる場合もあります。

以前は経済的な問題があったり、葬儀を取り仕切る身内がいなかったりする場合に直葬となることが多かったのですが、近年は少し事情が違ってきました。
遺された家族の負担などを考えて、「お葬式はしなくていい」と考える人も少なくないようです。

核家族化や長引く経済低迷、社会的な価値観の変化など、直葬が増えた要因はさまざまですが、いっぽうで故人と関わりのあった人々に、最後のお別れの機会が設けられないという問題点も否定できません。

直葬の不安があれば、まずはご相談ください
  • お急ぎの方、心配が多い方は
    まずお電話でご相談ください

    24時間365日受付中 0120-582-388

  • まずはメールで相談したい方は
    ご相談窓口よりご連絡ください

    24時間365日受付中 メール相談窓口