火葬

現在の日本では、ほとんどの場合、遺体は火葬によって送られます。
火葬は、家族葬密葬といった葬儀の様式による分類ではなく、これらの葬儀を通して遺体を埋葬する過程でおこなわれるものです。

日本では、古くは土葬の習慣もありましたが、火葬は公衆衛生に優れ、また宗教的な縛りもさほどなかったことから、現在は火葬が普遍的なものになっています。

自治体によっては、土葬が条例で禁じられている場合もあります。散骨葬や樹木葬をおこなう場合も、まず遺体を火葬によって遺骨にし、そののちに遺灰の状態にします。

なお、火葬をおこなう際は、死亡届などを提出した市町村から、火葬許可証を取得する必要があります。火葬許可書の取得や火葬場の予約は、葬送業者が代行してくれます。

火葬の不安があれば、まずはご相談ください
  • お急ぎの方、心配が多い方は
    まずお電話でご相談ください

    24時間365日受付中 0120-582-388

  • まずはメールで相談したい方は
    ご相談窓口よりご連絡ください

    24時間365日受付中 メール相談窓口