社葬

社葬は企業が主宰する葬儀・告別式のことを指します。
故人がその企業で大きな功績を遺した場合や、業務上での事故で亡くなった場合などに、社葬が行われることがあります。

参列者が非常に多くなるため、大寺院や大規模な葬儀場を借り切って行われる場合がほとんどです。
どういった場合に社葬を行うかといった基準については、企業の内規や慣例によって異なります。一般的には企業の創業者や会長、社長を務めた人が対象になるでしょう。

基本的に葬儀や告別式にまつわる費用は、企業が負担することになりますが、会社の経費として計上するためには、議事録を作成したり、領収書を揃えたりと、さまざまな作業が必要になります。大規模なセレモニーを無事に執り行うためにも、葬儀委員長や実行委員などを選出したうえで、組織的に実施することが不可欠になります。

社葬の不安があれば、まずはご相談ください
  • お急ぎの方、心配が多い方は
    まずお電話でご相談ください

    24時間365日受付中 0120-582-388

  • まずはメールで相談したい方は
    ご相談窓口よりご連絡ください

    24時間365日受付中 メール相談窓口